英会話を学ぶということ

昨今のグローバル化によって英語を喋れる人が重要視されてきています。

日本の企業であっても、社内共通語を英語にしているところもあり、英語ができることに対する必要性はかなり高まってきています。

英会話といえば、多くの人が英会話スクールを連想すると思います。スクールでは実際に英語を母国語とする講師と少ない人数で会話を学べるので効率よく英語を学ぶことができます。

ここでは、英会話を学ぶにあたって大切な心得について書きます。英会話はあくまでコミュニケーションですので、決まったことを言うことだけが全てではありません。

また、間違いを恐れてはいけません。言語は誰もが間違いながら習得していくものです。小さな子供を例に挙げてみると、子供は間違った言葉を平気で使います。 それを周りの大人が訂正したり、成長する段階で治っていきます。

大人になると外国語とはいえ、間違った喋りをするのは恥ずかしいものではありますが、母国語ではないのですから、気にせずどんどん使っていきましょう。

相手もネイティブではないと分かれば、教えてくれたり気にしないでいてくれます。また、会話ができるためには単語を知っておくだけでは不十分です。

単語と単語をつなげて意味を成すための文法力も必要です。文法と言われれば学生時代の受験英語を思い出される方も多いでしょうが、文法こそが言語のルールです。

ルールを知らずにサッカーや野球等のスポーツが出来ないのと同じで、英会話にも文法を知っておくことが大切なのです。

そして、英語を相手に伝える上で最も大切なのが発音です。

日本語と英語では発音に用いる口の筋肉が全く異なっているため、日本人にとって英語の発音は非常に難易度が高いと言えます。

発音の練習をするには、英語をたくさん聞いて、それを真似するように喋っていくしかありません。しかし、これを何度も繰り返すことで段々と相手に伝わるようになっていきます。

英会話を学ぶなら絶対にマンツーマン英会話スクールをおすすめします。
東京都千代田区有楽町2-10-1
東京交通会館9階